コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿府町奉行 すんぷまちぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿府町奉行
すんぷまちぶぎょう

江戸幕府の職名。駿府町 (現在の静岡市) の町政,民政,司法全般にわたることを取扱う。老中の支配を受け,禄高 1000石,役料 500俵を給された。 (→遠国奉行 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

駿府町奉行【すんぷまちぶぎょう】

江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。1607年徳川家康駿府移徙の際に設置。初め2名。徳川頼宣(よりのぶ),同忠長(ただなが)時代は廃止された。1632年以降幕府直轄領となって以降常置となり,1〜2名が在任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

駿府町奉行の関連キーワード由比正雪(由井正雪)静岡(市)大久保忠寛加藤靱負板倉勝重鵜殿長鋭慶安事件彦坂光正駿府城板倉氏遠国

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android