駿府町奉行(読み)すんぷまちぶぎょう

百科事典マイペディア「駿府町奉行」の解説

駿府町奉行【すんぷまちぶぎょう】

江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。1607年徳川家康駿府移徙の際に設置。初め2名。徳川頼宣(よりのぶ),同忠長(ただなが)時代は廃止された。1632年以降幕府直轄領となって以降常置となり,1〜2名が在任駿府城下の治世をとし,老中配下,役高1000石,役料500俵,役金1500両。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「駿府町奉行」の解説

駿府町奉行
すんぷまちぶぎょう

江戸幕府の職名。駿府町 (現在の静岡市) の町政,民政,司法全般にわたることを取扱う。老中の支配を受け,禄高 1000石,役料 500俵を給された。 (→遠国奉行 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android