加藤 直士(読み)カトウ ナオシ

20世紀日本人名事典の解説

加藤 直士
カトウ ナオシ

大正・昭和期の宗教哲学者,雑誌新聞記者,実業家



生年
明治6年9月5日(1873年)

没年
昭和27(1952)年2月12日

出生地
山形県

学歴〔年〕
北越学館(新潟)〔明治24年〕卒

経歴
学生時代に受洗し、卒業後は輸出絹物商をするが、失敗して実業界を断念する。明治36年から伝道師をしつつ「新人」を編集し、宗教哲学者として、トルストイの「我懴悔」など多くの訳書を刊行。40年「基督教世界」の主筆となり、大正3年滞英中に大阪毎日新聞ロンドン特派員に就任し、のち英文毎日の主筆を務めた。昭和2年実業界に入り、日本ゼネラルモータース外務理事などを歴任。著書に「文芸と宗教」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android