コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀殿 かがどの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加賀殿 かがどの

1572-1605 織豊時代,豊臣秀吉の側室。
元亀(げんき)3年生まれ。前田利家の3女。天正(てんしょう)13年(1585)秀吉側室となり,京都聚楽第(じゅらくだい)に居をかまえた。のち万里小路充房(までのこうじ-あつふさ)にとつぎ,前田利忠を生む。慶長10年10月13日死去。34歳。名は摩阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

加賀殿

没年:慶長10.10.13(1605.11.23)
生年:元亀3(1572)
安土桃山時代の女性。前田利家の3女。豊臣秀吉の側室。名は摩阿。天正10(1582)年佐久間十蔵に嫁した。翌年の賤ケ岳の戦で父が柴田勝家を助けて秀吉軍と戦った際,勝家の北庄城(福井市)に人質として入ったが,父はまもなく秀吉に下り,夫は同城中に没した。父の計らいにより助け出され,同13年8月,秀吉の側室となる。のち病を得て暇をとり,秀吉の死後は権大納言万里小路充房と再婚,1男(前田利忠)をもうけた。大徳寺興臨院に葬る。<参考文献>『加賀藩史料』1編

(河村昭一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

加賀殿の関連キーワード清水山城館跡