コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助国 すけくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助国 すけくに

?-? 鎌倉時代の刀工。
備後(びんご)(広島県)国分寺の人。元亨(げんこう)-元徳(1321-32)のころに活躍。備後安那郡東条および三原にもすんだという。その作に「国分寺」の刀銘を切る。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

助国の関連キーワードバンダ(Hastings Kamuzu Banda)MSA(日米相互防衛援助協定)プロジェクト・ファインディング経済協力局[アメリカ合衆国]国際農業研究協議グループ国際金融ファシリティージョージア(グルジア)カンボジア内戦と日本国際金融ファシリティ太平洋諸島フォーラムマーシャル・プラン太平洋・島サミット太平洋島しょ国会議相互安全保障計画エンパワーメントアフリカ開発銀行援助量の国際目標生産性向上運動トップ・ドナーネパールの貧困

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android