コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助宗 すけむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

助宗 すけむね

?-? 鎌倉時代の刀工。
則宗(のりむね)の子。備前(岡山県)福岡一文字派。承元(じょうげん)2年(1208)後鳥羽(ごとば)上皇の番鍛冶(ばんかじ)をつとめる。修理亮(しゅりのすけ)と称し,大一文字とよばれる。現存作に山形県米沢市松岬(まつがさき)神社の上杉景勝(かげかつ)所用の太刀(たち)(重文)がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

助宗の関連キーワード虎杖浜たらこ平禅門の乱一文字助則飯沼助宗鎌倉時代平頼綱備前物二字銘則宗刀工助則国清

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

助宗の関連情報