コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

効果分析 こうかぶんせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

効果分析
こうかぶんせき

コミュニケーション過程を,特に受け手にもたらす効果に着目して,多少とも数量的な方法により解明するコミュニケーション分析の一手法。受容者分析ともいう。あるコミュニケーションの内容に関して,受け手の注意や選択,評価や理解度,行動への影響,影響の永続性という効果を,受け手のパーソナリティ信念体系などとの関連で研究する。この効果の測定には面接法などが主となるが,他の方法として視線の動きを知るアイカメラ,ラジオ受信機の聴取時間を知るオーディオメータなどの特殊測定装置も開発されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

効果分析の関連キーワードラザースフェルドデータマイニングコノテーションDAGMAR費用便益分析交通経済学実験計画法農業政策交通投資

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

効果分析の関連情報