勁烈(読み)ケイレツ

デジタル大辞泉の解説

けい‐れつ【×勁烈】

[名・形動]つよくはげしいこと。また、そのさま。
「其皮肉がいかにも―なので」〈花袋・生〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けいれつ【勁烈】

( 形動 ) [文] ナリ 
強くはげしいさま。 「 -な筆跡」 「吾をして健全-なる労働、高遠幽深なるインスピレーシヨンより失はしむ/欺かざるの記 独歩

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐れつ【勁烈】

〘名〙 (形動) 強くはげしいこと。こらえられないほど、程度が強いこと。また、そのさまや性質。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)八・頼子成、連恵伊丹酒。前此、見示西遊草。賦此併謝「故人連寄酒幾、其酒勁烈如其詩
※生(1908)〈田山花袋〉二「其皮肉がいかにも勁烈なので」 〔後漢書‐蘇章等伝賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android