コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動体歪み ドウタイユガミ

デジタル大辞泉の解説

どうたい‐ゆがみ【動体×歪み】

CMOSイメージセンサーを使用するデジタルカメラやビデオカメラに発生する、画像の歪み。動きの速い被写体を撮影した際に、像が斜めになったり歪んだりする現象をいう。センサー上の画素の位置によってデータの読み込みに時間差があるために生じる。そのため、読み込み速度の高速化や機械シャッターを併用することで歪みの軽減が図られている。フォーカルプレーン歪み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動体歪みの関連キーワードローリングシャッター現象グローバルシャッターローリングシャッター

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android