コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動力測定 どうりょくそくてい

百科事典マイペディアの解説

動力測定【どうりょくそくてい】

内燃機関,蒸気タービンガスタービン,水車などの原動機で発生する動力の測定。原動機から取り出して利用できる動力(制動馬力正味馬力軸馬力などと呼ぶ)の測定には動力計を用い,またシリンダー内部に生ずる動力(図示馬力)の測定にはインジケーターを用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

動力測定の関連キーワード内燃機関

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android