コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動力計 どうりょくけいdynamometer

翻訳|dynamometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動力計
どうりょくけい
dynamometer

蒸気機関内燃機関水車などの原動機の発生動力,および圧縮機ポンプなどの作業機械の消費動力を測定する装置。測定原理により,次の2つに大別される。 (1) 吸収動力計 原動機の動力を制動して熱または電気に変え,その際の回転モーメントを直接測定して動力を求めるもので,固体摩擦動力計 (例:ブローニ動力計) ,水動力計 (例:ユンカース水動力計) ,空気動力計 (例:ルナール空気動力計) ,電気動力計,歯車ポンプ動力計などがある。 (2) 伝達動力計 動力が伝えられる途中で間接的に回転モーメントを測定して動力を求めるもので,使用中の回転モーメントが測定できる。ねじり動力計 (例:アムスラねじり動力計) ,歯車動力計,ベルト動力計などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうりょく‐けい【動力計】

蒸気機関・内燃機関・水車などの出力や圧縮機・ポンプなどの消費動力を測定する装置。ダイナモメーター

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

動力計【どうりょくけい】

ダイナモメーターとも。原動機や作業機で,発生または吸収する動力を測定する装置。回転軸のトルクを求め,別に測った回転数の積として動力を算出する。原動機から取り出した動力を摩擦抵抗で消費して測定する方式(吸収動力計。
→関連項目動力測定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうりょくけい【動力計 dynamometer】

ダイナモメーターともいう。内燃機関などのエンジンや圧縮機,ポンプなどの作業機械において,発生または吸収する動力を計測する装置。これらの機械の工率は,動力計でトルクを,回転計で回転数を求めて算出されるが,一般にはトルクを測る計器を工率計または動力計と同義語に用いることが多い。動力計には,吸収動力計,伝達動力計などがある。吸収形のものでは,水動力計,渦電流型動力計がある。水動力計は一様に水が満たされたチャンバーの中で主軸を取り巻いて設けられた羽根と,これと対向して主軸に取り付けられた回転羽根とで構成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうりょくけい【動力計】

機関から生じる動力、または機関から伝達される動力を測定する装置。ダイナモメーター。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動力計の関連キーワードブレーキ馬力シーメンズ羽根動力計航空計器蒸気機関軸馬力

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動力計の関連情報