コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動径 ドウケイ

デジタル大辞泉の解説

どう‐けい【動径】

角を回転で表す場合の、回転する半直線のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうけい【動径】

角を半直線の回転で定義するとき、もとの半直線(始線)に対して回転したと考えられる方の半直線をいう。
原点を始点とし、運動する質点を終点とするベクトル。質点の運動を論じるときに用いる。動径ベクトル。位置ベクトル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の動径の言及

【座標】より


[極座標polar coordinates]
 平面上に1点OとOからでる半直線OXを定めるとき,この平面上の点Pの位置は,線分OPの長さrと半直線OPの半直線OXからの角θによって表される。(r,θ)をPの極座標といい,rを動径,θを偏角という。このとき,Oを原点または極といい,半直線OXを原線という(図7)。…

※「動径」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

動径の関連キーワードイヴォン‐ボルン‐グリーンの方程式スレータータイプオービタルラムスアウアー効果ケプラーの法則銀河(天体)スレーター則角(図形)電子レンズ人工衛星三角関数ケプラー白色矮星日心座標主量子数剛体回転差動回転面積速度スピカ勝鬨橋累乗根