コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般角 イッパンカク

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐かく【一般角】

二つの半直線が角をつくるとき、基準となる一方の半直線(始線)から他方の半直線(動径)がどれだけ回転したかの量。回転の向きによって、正・負の別をつける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぱんかく【一般角】

角を回転で定義するとき、回転の量と回転の向きによって、負の角や360度より大きい角が考えられる。このように拡張した角を一般角という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の一般角の言及

【角】より

…このとき,回転数に制限をつけなければいくらでも大きい角が得られ,左まわりと右まわりを区別するため,それらに応じて正,負の符号をつければ,負の角も得られる。このように回転の量と考えた角を一般角という。∠AOBの大きさがθ゜ならば,これの一般角の大きさは360゜×n+θ゜(nは整数)の形で表せる(図2)。…

※「一般角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一般角の関連キーワードタンジェント作図不能問題角(図形)三角関数コサイン弧度法サイン三角法正角

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android