一般角(読み)イッパンカク

大辞林 第三版の解説

いっぱんかく【一般角】

角を回転で定義するとき、回転の量と回転の向きによって、負の角や360度より大きい角が考えられる。このように拡張した角を一般角という。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぱん‐かく【一般角】

〘名〙 基準になる半直線から、それと原点を共有する半直線が回転してつくる角。回転の向きにより、正の角負の角区別がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一般角の言及

【角】より

…このとき,回転数に制限をつけなければいくらでも大きい角が得られ,左まわりと右まわりを区別するため,それらに応じて正,負の符号をつければ,負の角も得られる。このように回転の量と考えた角を一般角という。∠AOBの大きさがθ゜ならば,これの一般角の大きさは360゜×n+θ゜(nは整数)の形で表せる(図2)。…

※「一般角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android