コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物毒 どうぶつどくzootoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物毒
どうぶつどく
zootoxin

動物毒素ともいう。高い毒性をもつ生物体起源の,主として高分子物質で,定温動物の血中に入って有毒なもので,抗原性をもつものの総称。ヘビ,サソリ,クモの毒はそれらの動物の毒腺から出るが,これを一般に venomという。これらは蛋白質性のもので,それ自体有毒なものと,ヘビ毒中のプロテアーゼのように,酵素作用で組織を破壊するものとがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

動物毒の関連キーワードアントニー トゥ接触皮膚炎動物毒素

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物毒の関連情報