コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈円錐 どうみゃくえんすいarterial cone

1件 の用語解説(動脈円錐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動脈円錐
どうみゃくえんすい
arterial cone

心臓球ともいう。サメやエイ (板鰓類) ,チョウザメ類 (硬鱗類) および両生類の循環系においては,心室から出る腹行大動脈の基部出発点が特にふくらんでいて,これを動脈円錐という。心臓の一部であって,筋肉から成り,収縮性があり,心臓による血流駆動を補っている。内面には数列の環状に配列した小弁膜があって,血液の逆流を防いでいる。一部の硬鱗魚類では,腹行大動脈の起始部に,球状に肥厚した動脈球といわれる心臓の補助器官と共存している場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone