動脈円錐(読み)どうみゃくえんすい(英語表記)arterial cone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動脈円錐
どうみゃくえんすい
arterial cone

心臓球ともいう。サメやエイ (板鰓類) ,チョウザメ類 (硬鱗類) および両生類の循環系においては,心室から出る腹行大動脈の基部出発点が特にふくらんでいて,これを動脈円錐という。心臓の一部であって,筋肉から成り,収縮性があり,心臓による血流駆動を補っている。内面には数列環状に配列した小弁膜があって,血液の逆流を防いでいる。一部の硬鱗魚類では,腹行大動脈の起始部に,球状に肥厚した動脈球といわれる心臓の補助器官と共存している場合もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android