コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘平 カンペイ

世界大百科事典内の勘平の言及

【仮名手本忠臣蔵】より

…初世中村仲蔵が五段目の定九郎に新演出を試みた話などエピソードも少なくない。なお,幕末以後,歌舞伎では二段目を〈建長寺の場〉に改めて演じたり,三段目の切にあるおかる・勘平の件を割愛して《道行旅路の花聟》(《落人》)を四段目の後に付けたり,十一段目を実録風に仕立て直し,立回り本位の討入りに〈両国橋引揚げの場〉を添えるなど一部改作して上演することが多い。(1)第一(鶴岡の饗応) 暦応1年2月,鶴岡八幡宮が造営され,将軍足利尊氏の代参として弟足利直義が鎌倉に下向。…

※「勘平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

勘平の関連キーワード尾上 菊三郎(4代目)尾上菊五郎(3代)嵐雛助(4代)仮名手本忠臣蔵中村勝右衛門鶴沢 市作お軽/勘平稲垣覚之丞岡村定之丞お軽・勘平尾上菊五郎せせくる佐藤文永岩瀬華沼千村夢沢お軽勘平佐藤周軒力石高山大石神社早野勘平

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勘平の関連情報