塩谷判官(読み)エンヤハンガン

大辞林 第三版の解説

えんやはんがん【塩谷判官】

「仮名手本忠臣蔵」の登場人物。殿中で高師直こうのもろなお(吉良上野介)に刃傷にんじように及び、切腹させられた赤穂城主浅野長矩ながのりに擬す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えんや‐はんがん ‥ハングヮン【塩谷判官】

浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」で赤穂城主浅野長矩(ながのり)に擬せられる人物。殿中で高師直(こうのもろなお)を傷つけ、切腹を命ぜられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android