勝を羨まざれ劣るを卑しまざれ(読み)まさるをうらやまざれおとるをいやしまざれ

精選版 日本国語大辞典の解説

まさる【勝】 を=羨(うらや)まざれ[=諂(へつら)わざれ]劣(おと)るを卑(いや)しまざれ

すぐれたをうらやんでもいけないし、劣った者を見くだしてもいけない。他人のことを気にしないで最善を尽くしてさえいれば、いつも安らかな心でいることができるということ。
謡曲・阿古屋松(1430頃)「よも僻事はじ、勝るをも諂はざれ劣るをも、卑しむなとの本文」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android