勝負事(読み)ショウブゴト

デジタル大辞泉の解説

しょうぶ‐ごと【勝負事】

勝ち負けを争う行為。特に、かけごと、ばくちをいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうぶごと【勝負事】

勝ち負けを争う競技やゲーム。碁・将棋・花札・麻雀など。
賭博。ばくち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうぶ‐ごと【勝負事】

〘名〙
勝ち負けを争う行為。勝ち負けを争うわざ。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一五「勝負事(ショウブゴト)を好まぬ、用心深い、太平の好紳士と自分を見傚してゐた」
② かけごと。ばくち。とばく。
※玉塵抄(1563)三一「すごろくばくちを照とせうぶことはかくす心でここらはもっぱら夜るわざにするぞ」
※黄表紙・孔子縞于時藍染(1789)上「博奕(ばくえき)、諸しゃうぶごとは決してもてあそばねども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝負事の関連情報