コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

博奕 バクエキ

デジタル大辞泉の解説

ばく‐えき【博×奕】

[名](スル)双六(すごろく)・囲碁など、勝負を争う遊戯の総称。また、金品をかけて行う勝負事。ばくち。
「―して金を失い」〈織田訳・花柳春話

ばく‐よう〔‐ヤウ〕【博×奕】

《「よう」は呉音「やく」の音変化》「ばくえき(博奕)」に同じ。
「―をして、親にもはらからにも憎まれければ」〈大和・五四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくえき【博奕】

囲碁・双六すごろく・花札などの勝負ごと。また、ばくち。ばくよう。 「彼の清吉とは-の連累なかまにて/高橋阿伝夜叉譚 魯文

ばくよう【博奕】

〔「よう」は呉音「やく」の転〕
ばくえき(博奕) 」に同じ。 「 -をして、親にもはらからにも憎まれければ/大和 54

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

博奕
ばくち

賭博」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の博奕の言及

【博打】より

…日本の中世には,博奕(ばくえき∥ばくち)は〈芸能〉であり,その〈道〉があったとみられており,博奕の職能民である〈職人〉は博打と呼ばれた。《新猿楽記》で〈高名の博打〉が描かれ,《二中歴》に宴丸道供(弘)などの双六(すごろく)の名人が列挙され,《梁塵秘抄》に〈国々の博党〉が現れるように,その源流は平安時代後期にさかのぼる。…

※「博奕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

博奕の関連キーワード突き付け・突付け博奕打ち総長賭博板倉氏新式目小金井小次郎下河内村辰蔵悦田 喜和雄団七九郎兵衛火付盗賊改古今著聞集バクチノキだりむくるほつきあぐ国定忠治伝助賭博千葉頼胤総長賭博打ち立つ笠原和夫栄耀食ひ三人片輪

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

博奕の関連情報