コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間田氏 かつまたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かつまたうじ【勝間田氏】

勝田氏とも記す。藤原南家工藤氏族と言われるが,桓武平氏平良文の後胤とする説もある。遠江国蓁原郡勝田(現,静岡県榛原(はいばら)郡榛原町。勝間田川沿いに残存する勝田,勝間,勝俣等の地一帯)より起こる。源家累代の家人と思われ,保元の乱(1156)のときすでに源義朝に従う者として〈遠江国には勝田〉の名が見える。鎌倉幕府のもとでは御家人に列し,1186年(文治2)勝田三郎(一に勝田平三)成長は玄蕃助(げんばのすけ)に任じられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勝間田氏の関連キーワード榛原[町]今川義忠丸子城勝田

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝間田氏の関連情報