勝間田氏(読み)かつまたうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かつまたうじ【勝間田氏】

勝田氏とも記す。藤原南家工藤氏族と言われるが,桓武平氏平良文の後胤とする説もある。遠江国蓁原郡勝田(,静岡県榛原(はいばら)郡榛原町。勝間田川沿いに残存する勝田,勝間,勝俣等の地一帯)より起こる。源家累代の家人と思われ,保元の乱(1156)のときすでに源義朝に従う者として〈遠江国には勝田〉の名が見える。鎌倉幕府のもとでは御家人に列し,1186年(文治2)勝田三郎(一に勝田平三)成長は玄蕃助(げんばのすけ)に任じられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android