勝鬘愛染会(読み)しょうまんあいぜんえ

大辞林 第三版の解説

しょうまんあいぜんえ【勝鬘愛染会】

毎年七月一日、大阪市天王寺区夕陽丘町の勝鬘院で行われる本尊愛染明王の開帳の仏事。多くの参詣者があり、特に役者や遊女の信仰を集めた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうまん‐あいぜんえ ‥アイゼンヱ【勝鬘愛染会】

〘名〙 大阪市天王寺区夕陽丘町にある勝鬘院で、毎年六月三〇日~七月二日(もと六月一日)に、本尊の愛染明王開帳を行なう法会。衆人愛敬の神として役者、遊女などの信仰を集めた。勝鬘祭。愛染祭。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android