コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧修寺経広 かじゅうじ つねひろ

美術人名辞典の解説

勧修寺経広

光豊の後を継ぐ。実は三木俊昌の男。元名俊直、一字名干。母は豊後守豊臣重正の女。慶安3年正二位。寛文12年出家。元禄元年(1688)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勧修寺経広 かじゅうじ-つねひろ

1606-1688 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
慶長11年11月27日生まれ。勧修寺晴豊の孫。伯父勧修寺光豊の養子。寛永18年従二位,権(ごんの)大納言となり,のち正二位にすすむ。万治元年武家伝奏に任じられる。寛文12年出家して法名を紹光と称した。貞享(じょうきょう)5年9月13日死去。83歳。初名は俊直。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

勧修寺経広 (かじゅうじつねひろ)

生年月日:1606年11月27日
江戸時代前期の公家
1688年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

勧修寺経広の関連キーワード勧修寺経敬生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android