勧説(読み)カンセツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐せつ〔クワン‐〕【勧説】

[名](スル)ある行為をするように説くこと。かんぜい。
「安政六年の末から、中丸昌庵が主として―した所である」〈鴎外渋江抽斎

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ぜい クヮン‥【勧説】

※俊寛(1921)〈菊池寛〉四「有王が涙を流しての勧説(クヮンゼイ)も、どうすることも、出来なかった」

かん‐せつ クヮン‥【勧説】

〘名〙 ある行為をするように説きすすめること。かんぜい。
代議政体(1875‐79)〈永峰秀樹訳〉一「又凡そ中人を勧説し、之に定見を立てしむるは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android