勾配ベクトル(読み)こうばいベクトル(英語表記)gradient

翻訳|gradient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勾配ベクトル
こうばいベクトル
gradient

傾き,グラジエントなどともいう。 (1) 直線の方程式の勾配 方向係数。 (2) スカラーの勾配 3次元ユークリッド空間におけるスカラー点関数 f(xyz) が,各点で xyz に関して微分可能なとき,xyz についての偏微分係数
を成分にもつベクトルを,関数 f の各点における勾配ベクトル,あるいは単に勾配と呼び,記号で gradf と書く。すなわち,
である。ここで ijk は基本ベクトル。このような勾配ベクトルは,n 次元ユークリッド空間についても同様に定義できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android