勿吉(読み)モッキツ(英語表記)Wuji

デジタル大辞泉 「勿吉」の意味・読み・例文・類語

もっきつ【×勿吉】

靺鞨まっかつ旧称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「勿吉」の意味・読み・例文・類語

もっきつ【勿吉】

  1. 〘 名詞 〙 中国南北朝時代、東北地区北部を支配したツングース系の民族。ツングース系の諸族を配下に勿吉国をたてたが、六世紀半ばに滅亡

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

山川 世界史小辞典 改訂新版 「勿吉」の解説

勿吉(もっきつ)
Wuji

5世紀後半から6世紀に中国東北部に居住していたトゥングース系の部族。475年に北魏に初めて朝貢し,494年に扶余(ふよ)を倒して諸部族を統合,松花江流域を支配した。6世紀半ばに高句麗に攻められて崩壊した。

出典 山川出版社「山川 世界史小辞典 改訂新版」山川 世界史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「勿吉」の意味・わかりやすい解説

勿吉
もっきつ

靺鞨」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android