コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包有 ホウユウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ゆう〔ハウイウ〕【包有】

[名](スル)包みもつこと。内にもつこと。
「ただ恋しいのは、万千子と共に―した、あの自然の理解の時代である」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうゆう【包有】

( 名 ) スル
中に包み保つこと。また、あわせ持つこと。 「北は…より、南は…に至るまでを-する事が出来た/肉弾 忠温

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

包有の関連キーワードイソテピカル・セクリーションモノメリック・セクリーションポリメリック・セクリーションインクルージョン・トレイルエンアロジェナス包有物ヘリサイト状斑状変晶ミングリング組織モノソマティックオルニソフサルムアウイン角閃岩ヘリサイト構造包有物[鉱物]アンチペルト石塩基性クロットレイシリニアー火山礫玻璃斑岩チャダライトエスアイ片理雪だるま構造カンジバイト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android