コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包有 ホウユウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ゆう〔ハウイウ〕【包有】

[名](スル)包みもつこと。内にもつこと。
「ただ恋しいのは、万千子と共に―した、あの自然の理解の時代である」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうゆう【包有】

( 名 ) スル
中に包み保つこと。また、あわせ持つこと。 「北は…より、南は…に至るまでを-する事が出来た/肉弾 忠温

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

包有の関連キーワードモノメリック・セクリーションポリメリック・セクリーションイソテピカル・セクリーションインクルージョン・トレイルエンアロジェナス包有物石英橄欖石デーサイトヘリサイト状斑状変晶オルニソフサルムミングリング組織モノソマティック火山礫玻璃斑岩アウイン角閃岩レイシリニアーヘリサイト構造塩基性クロット包有物[鉱物]アンチペルト石エスアイ片理ファーレナーエスイー片理

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android