包有(読み)ホウユウ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐ゆう〔ハウイウ〕【包有】

[名](スル)包みもつこと。内にもつこと。
「ただ恋しいのは、万千子と共に―した、あの自然の理解の時代である」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうゆう【包有】

( 名 ) スル
中に包み保つこと。また、あわせ持つこと。 「北は…より、南は…に至るまでを-する事が出来た/肉弾 忠温

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報