コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包析反応 ほうせきはんのうperitectoid reaction

岩石学辞典の解説

包析反応

冷却されて温度が降下する場合に,二種類の固体が反応して別な組成の固体になる反応[ゴードン : 1971,野田編 : 1977].反応は,固体(1)+固体(2)=固体(3) となる.全部が結晶相でできた不変点(invariant point)で,一定温度における熱容量の変化による相反応は,相の一つが液体である場合の包晶点(peritectic point)の場合と非常によく類似している[Edgar : 1974].包析反応は比較的まれである.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android