コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学物質排出把握管理促進法 カガクブッシツハイシュツハアクカンリソクシンホウ

1件 の用語解説(化学物質排出把握管理促進法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かがくぶっしつ‐はいしゅつはあくかんりそくしんほう〔クワガクブツシツハイシユツハアククワンリソクシンハフ〕【化学物質排出把握管理促進法】

《「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律」の通称》事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境の保全上の支障を未然に防止することを目的とする法律。平成11年(1999)7月に制定。平成13年(2001)1月より段階的に施行。人体や環境に有害な化学物質の排出量・移動量を集計・公表する環境汚染物質排出移動登録(PRTR)制度と、取引先の事業者などに化学物質を提供・譲渡する際、その特性・取扱いに関する情報を付与することを義務づける化学物質安全データシート(MSDS)制度からなる。化管法。PRTR法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学物質排出把握管理促進法の関連キーワード化学物質審査規制法PRTRライフサイクル・アセスメント特定化学物質の把握と管理・促進法リスクコミュニケーションLCA化学物質内分泌攪乱化学物質PRTR法CO2排出量の規制方法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone