コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化成処理 かせいしょり

1件 の用語解説(化成処理の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かせいしょり【化成処理】

化学的または電気化学的処理により,金属表面に非金属の皮膜conversion coatingを沈積させる処理法をいう。皮膜化合物としてはリン酸塩クロム酸塩塩基性塩,酸化物,硫化物などがあり,塗装の下地処理,塑性加工のための潤滑,耐食性の向上,表面の化学着色などに利用される。鉄鋼のリン酸塩処理phosphatingは,登録商標としてはパーカライジングとかボンデ処理と通称され,リン酸亜鉛,リン酸鉄の微小結晶をその表面に析出させ皮膜とする処理法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

化成処理の関連キーワード化学的感覚化学的電気化学当量化学的風化好気性生物化学的処理指示電極生化学的指標生物化学的処理生物化学分析ハザード(危害要因)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化成処理の関連情報