コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化膿性腸腰筋炎 かのうせいちょうようきんえんsuppurative iliopsoitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化膿性腸腰筋炎
かのうせいちょうようきんえん
suppurative iliopsoitis

腸骨筋,大腰筋,小腰筋の3筋から成る腸腰筋の化膿性炎症である。 38~40℃の高熱と腸腰筋部の疼痛で始り,疼痛は股関節,鼠径部,大腿部などに放散する。疼痛があるために股関節を屈曲,外旋させて,下肢を動かさないのが普通である。 30歳以前の若者に起ることが多い。治療は安静にし,抗生物質の投与や切開,排膿などを行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android