屈曲(読み)クッキョク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① かがまりまがること。折れまがること。
※菅家文草(900頃)五・屏風「屈曲初知用。施来不風」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)松島「松の緑こまやかに、枝葉汐風に吹たはめて、屈曲をのづからためたるがごとし」 〔白居易‐傷遠行賦〕
② 心理などがゆがめられていること。意志や考えなどがすなおに外に表わされないこと。屈折。
※前世代の詩人たち(1955)〈吉本隆明〉「屈曲として評価することで、うるところより、はるかに少い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android