コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈曲 クッキョク

デジタル大辞泉の解説

くっ‐きょく【屈曲】

[名](スル)
折れ曲がること。
「鉤(かぎ)の手に―して」〈漱石吾輩は猫である
関節の運動で、関節の両側の骨が作る角度が小さくなるような動きをいう。たとえば、肘(ひじ)を曲げる動きがこれにあたる。→伸展

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっきょく【屈曲】

( 名 ) スル
折れまがること。 「此坂は S の字をぞんざいに書いたやうに-して/青年 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屈曲の関連キーワードシュレジンガー現象(徴候)横ずれデュープレックスシュトリュンペル現象リッテル‐ロレー現象エスクランゴン効果ハントの逆説現象リアルフレックスタファネル坑道シンクラー現象ショートカット失調症逆説現象手根管症候群光軸折曲げ式北薩の屈曲上腕二頭筋屈折光学式トロピズム穿入蛇行子宮後屈生長運動

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屈曲の関連情報