切開(読み)セッカイ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐かい【切開】

[名](スル)切り開くこと。特に、治療のために医者が患部をメス、はさみなどで切り開くこと。「患部を切開する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっかい【切開】

( 名 ) スル
切り開くこと。特に治療の目的で体の一部を切り開くこと。 「患部を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きり‐ひらき【切開】

〘名〙 切り開くこと。特に境界線通路などにするために、繁茂した草木帯状に切り開くこと。また、そのもの。

きり‐ひら・く【切開】

〘他カ五(四)〙
① 山、丘などを切り崩し、あるいは荒地を開墾して、田畑や道路などにする。
※バレト写本(1591)「ソノ ヤマノ ウエヲ シダイ シダイ ヒロク quiri(キリ) firaquite(ヒラキテ) ヲウイエドモヲ ツクリ ツヅケ」
② 敵のかこみや戦線などをつき破り、進路を開く。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)一「司馬将軍呉三桂敵あまた討取、なんなく一方切ひらき君を落し奉らんと」
③ 切って中を開く。切開する。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一「根本的な手術をして、細い溝を全部腸の方へ切(キ)り開(ヒラ)いて仕舞っても癒らないんでせう」
④ (比喩的に) 困難や障害物などを取り除いて進むべき道を開く。
※それから(1909)〈夏目漱石〉一〇「或は何の方面かへ、生活の行路を切(キ)り開(ヒラ)く手掛りが出来たかも知れない」

せっ‐かい【切開】

〘名〙
① 切り開くこと。
② 治療の目的で、患部の皮膚、組織、器官などをメス、鋏(はさみ)などの外科器具を用いて切り開くこと。〔医語類聚(1872)〕
※太虗集(1924)〈島木赤彦〉巻末記「大学病院で盲腸炎の切開をして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切開の関連情報