コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北中城[村] きたなかぐすく

1件 の用語解説(北中城[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きたなかぐすく【北中城[村]】

沖縄県中頭(なかがみ)郡の村。沖縄島(本島)中南部に位置し,東は中城湾に面する。第2次世界大戦まで中城村の一部であったが,戦後アメリカ軍の施設によって村が南北に分断されたため,1946年分離した。人口1万5023(1995)。中城湾に面する海岸一帯は肥沃な沖積低地で,背後は丘陵状の地形を呈する。第2次大戦前は純農村,またハワイペルーブラジルなどへの移民の多い村として知られた。村面積の19%はアメリカ軍基地キャンプ瑞慶覧(ずけらん)が占めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北中城[村]の関連キーワード沖縄県沖縄島コザ糸満嘉手納豊見城中城城跡比謝川かでな喜名番所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone