コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中城湾 なかぐすくわん

5件 の用語解説(中城湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中城湾
なかぐすくわん

沖縄県沖縄島の南東部にある湾。北は与勝半島,南は知念岬で区切られ,湾口に津堅島と神話で知られる久高島がある。湾岸の国道329号線沿いの沖積地では米作が行なわれ,サトウキビの栽培も盛んである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかぐすく‐わん【中城湾】

沖縄県、沖縄島南東部の太平洋に面した湾。湾口は勝連(かつれん)半島と知念(ちねん)半島および沖合の津堅(つけん)島・ウガン岩・久高(くだか)島に囲まれた水域。面積約220平方キロメートル、水深10~15メートル。重要港湾に指定され、中城港湾と呼ばれる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかぐすくわん【中城湾】

沖縄島の太平洋に突出する北の与勝(よかつ)半島と南の知念半島に抱かれた湾。湾をとりまく急崖などの存在から,かつての陸地が断層に沿って陥没し湾になったとされる。湾口に津堅(つけん)島と久高(くだか)島がある。北に泡瀬(あわせ)(沖縄市),南に与那原(よなばる)(与那原町),馬天(ばてん)(佐敷町)の港がある。与勝半島先端にはアメリカ海軍のホワイトビーチがあり,一部を施設返還で海上自衛隊が使用する。北部の泡瀬の小半島は大部分が砂地で,1972年まで約200年間製塩が行われていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕中城湾(なかぐすくわん)


沖縄島東海岸南部の湾。北のカンナ崎(勝連(かつれん)崎)と南の知念(ちねん)崎に抱かれる。湾口に浮かぶ津堅(つけん)島・久高(くだか)島などの沿岸に大珊瑚礁(さんごしょう)が発達し、航路が限定される。北隣の金武(きん)湾とともに重要港湾の金武中城港の港域をなす。湾奥に石油基地・精製工場がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中城湾
なかぐすくわん

沖縄本島の東岸、太平洋に面した湾。勝連(かつれん)半島と知念(ちねん)岬、そして沖合いに久高(くだか)島や津堅(つけん)島で囲まれた閉塞(へいそく)水域で、面積約220平方キロメートル。サンゴ礁は外洋側で発達がよいが、内湾部では離礁などが点在する程度である。湾全体は1974年(昭和49)重要港湾に指定され、中城湾港とよばれる。本土復帰後、中城湾開発計画が立案され、埋立てなどによって国体(1987)会場が建設され、産業用地が整備中である。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中城湾の関連キーワード金武湾大王崎平安座島与勝半島表日本勝連[町]与那城[町]勝連〈町〉伊計島死骨崎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中城湾の関連情報