コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山道脩 きたやま どうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山道脩 きたやま-どうしゅう

?-? 江戸時代中期の医師。
北山寿安(じゅあん)の孫。大坂の開業医。祖父の著「北山友松子(ゆうしょうし)医案」を編集,延享2年(1745)刊行した。通称は寿庵。号は櫟寿庵。著作に「腹診之法(ふくしんのほう)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone