コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山寿安 きたやま じゅあん

1件 の用語解説(北山寿安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北山寿安 きたやま-じゅあん

?-1701 江戸時代前期の医師。
明(みん)(中国)の馬栄宇(ば-えいう)と芸妓(げいぎ)樋口氏との子。渡来僧独立性易(どくりゅう-しょうえき),原長庵にまなび,大坂で開業。諸藩主からの招きをうけず,金持ちには多額の薬代をもとめ,貧者には無料で施薬し,米銭まであたえたという。元禄(げんろく)14年3月15日死去。肥前長崎出身。名は道長。号は友松,仁寿庵,逃禅堂。著作に「北山医話」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北山寿安の関連キーワード浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩高田藩アイフル安東省庵

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone