コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北市屋平吉 きたいちや へいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北市屋平吉 きたいちや-へいきち

1803-1870 江戸時代後期の陶画工。
享和3年生まれ。石田平蔵(へいぞう)の養父九谷(くたに)焼の絵付師。肥前彼杵(そのぎ)郡伊良林(いらばやし)村(長崎市)の亀山窯で修業,郷里加賀(石川県)にかえり,三田(みた)勇次郎に赤絵をまなぶ。小松に窯をひらき,金沢藩主前田家のお抱えとなり,名字帯刀をゆるされて石田姓を称した。明治3年死去。68歳。号は北玉堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北市屋平吉の関連キーワード普仏戦争オリビエ(Emile Ollivier)製糸業日本科学史若宮丸漂流民ギュツラフドゥーフ日道白粒岩延命院日道

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android