コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北市屋平吉 きたいちや へいきち

1件 の用語解説(北市屋平吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北市屋平吉 きたいちや-へいきち

1803-1870 江戸時代後期の陶画工。
享和3年生まれ。石田平蔵(へいぞう)の養父。九谷(くたに)焼の絵付師。肥前彼杵(そのぎ)郡伊良林(いらばやし)村(長崎市)の亀山窯で修業,郷里加賀(石川県)にかえり,三田(みた)勇次郎に赤絵をまなぶ。小松に窯をひらき,金沢藩主前田家のお抱えとなり,名字帯刀をゆるされて石田姓を称した。明治3年死去。68歳。号は北玉堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北市屋平吉の関連キーワード若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗製糸業日本科学史メリメ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone