名字帯刀(読み)ミョウジタイトウ

大辞林 第三版の解説

みょうじたいとう【名字帯刀】

名字を名のり、刀を所持・携行する権利。江戸時代の武士身分を象徴する特権。例外として、功績・善行を認められた農民・町人にも与えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょうじ‐たいとう ミャウジタイタウ【名字帯刀】

〘名〙 江戸時代、名字をとなえ、太をさすこと。武士の特権であり、庶民は特に許された場合に限った。
地方凡例録(1794)七「一 由緒百姓之事〈略〉先祖は高貴の末葉に無紛とも、民間に落ては苗字帯刀決して不相成
[語誌](1)江戸時代中期以降は、農民も私的な場においては、名字を名乗っており、旅行の際に脇差を持つことも許されていた。
(2)幕府や藩によって公的にも認められていたのは、功労のあった村役人、孝行や学問に尽くしたもの、医者、大名お抱えの相撲取り等で、その他、多額の御用金を寄付して許された者もあった。また、一代限りと永代の場合があった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名字帯刀の関連情報