コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北条時顕 ほうじょう ときあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北条時顕 ほうじょう-ときあき

?-1333 鎌倉時代の武将。
甘縄流北条顕実の子。駿河守(するがのかみ)兼左近衛将監(さこんえのしょうげん)。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月22日,鎌倉幕府滅亡に際し,得宗(とくそう)北条高時らとともに鎌倉東勝寺で自刃(じじん)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

北条時顕の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android