コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建武新政 けんむしんせい

百科事典マイペディアの解説

建武新政【けんむしんせい】

1333年―1336年の後醍醐天皇による公家一統政治。正中の変元弘の乱を経て,護良(もりよし)親王や楠木正成らの活躍で鎌倉幕府を倒し,天皇独裁の官僚国家の樹立を企図,摂政・関白の廃止,雑訴決断所以下の部局の新設,国司・守護併設などの施策を行った。
→関連項目足利直義恩賞方鎌倉将軍府神崎荘京都大番役親王将軍太平記多賀城天皇名和長年南北朝時代二条河原落書綸旨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんむしんせい【建武新政】

1333年(元弘3)5月に鎌倉幕府を滅ぼしてから,36年(延元1∥建武3)10月に足利尊氏に降伏するまでの後醍醐天皇の政治。
[新政の前提]
 1321年(元亨1)12月の親政開始後,後醍醐は独自な政治を展開,32年には神人(じにん)公事停止令により洛中の神人・寄人(よりうど)の供御人化を計り,諸国の供御人交名(きようみよう)を提出させ,洛中の酒屋に造酒司を通じて酒鑪役(しゆろやく)を賦課し,洛中の地子も停止したと推定される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建武新政
けんむのしんせい

1333年(元弘3・正慶2)から36年(延元1・建武3)の間、後醍醐(ごだいご)天皇によって行われた専制政治。[佐藤和彦]

成立過程

畿内(きない)近国の悪党蜂起(あくとうほうき)、奥州の蝦夷(えぞ)反乱が、鎌倉幕府の衰勢を明白にしつつあったとき、大覚寺(だいかくじ)統と持明院(じみょういん)統との皇位継承をめぐる深刻な対立を止揚し、天皇親政を実現するために、後醍醐天皇は討幕の計画を具体化しつつあった。天皇は1318年(文保2)に即位し、21年(元亨1)後宇多(ごうだ)法皇の院政を廃して記録所を再興した。天皇は吉田定房(さだふさ)、万里小路宣房(までのこうじのぶふさ)、北畠親房(きたばたけちかふさ)をはじめ、日野資朝(ひのすけとも)・俊基(としもと)らを登用し、無礼講や朱子(しゅし)学の講書会を開いて討幕計画を練った。24年(正中1)9月、討幕の密計が事前に漏れて六波羅(ろくはら)軍の急襲を受けて計画は失敗した(正中(しょうちゅう)の変)が、天皇は屈せず、畿内近国の悪党集団、皇室領の武士、得宗(とくそう)専制に批判的な足利(あしかが)・新田(にった)らの外様御家人(とざまごけにん)、南都北嶺(なんとほくれい)の僧兵などに働きかけて再度計画を進めた。31年(元弘1)4月、吉田定房の密告によって事は露顕し、鎌倉幕府軍によって日野俊基、円観(えんかん)、文観(もんかん)らが逮捕された。天皇はかろうじて笠置(かさぎ)(京都府相楽(そうらく)郡笠置町)に逃れ、近隣の土豪・野伏らに参陣を呼びかけた。河内(かわち)の土豪で散所(さんじょ)の長者であった楠木正成(くすのきまさしげ)がこれに応じて赤坂(あかさか)城(大阪府南河内郡千早(ちはや)赤阪村)で挙兵した。しかし、20万と称される幕府の大軍によって笠置も赤坂も旬日のうちに蹂躙(じゅうりん)され、天皇は捕らえられて翌32年3月隠岐(おき)へ流刑となった(元弘(げんこう)の変)。
 天皇は隠岐にあっても、全国各地の反幕府勢力と連絡を取り合い、1332年11月には護良(もりよし)親王が吉野(よしの)で、正成が千早城(南河内郡千早赤阪村)で再挙するのに成功した。護良親王は、討幕の令旨を紀伊・伊予・播磨(はりま)の寺院衆徒や土豪・野伏らに発した。こうして諸国の反幕府運動が急速に盛り上がり、各地で反乱が続発した。このような戦局の転換に乗じて、33年閏(うるう)2月、天皇は隠岐を脱出して、伯耆名和湊(ほうきなわみなと)(鳥取県西伯郡大山(だいせん)町)の長者名和長年(ながとし)の助けを受けて船上山(せんじょうさん)に拠(よ)り、討幕の綸旨(りんじ)を諸国に発した。足利高氏(尊氏)(たかうじ)は幕府の将として西上していたが、4月下旬には後醍醐天皇に応じて反幕府の旗色を鮮明にし、陸奥(むつ)の結城(ゆうき)氏、信濃(しなの)の小笠原(おがさわら)氏、薩摩(さつま)の島津氏など全国各地の有力武将に軍勢催促状を発して自軍への参加を要請した。足利軍、赤松軍、千種(ちぐさ)軍が京都に突入し、六波羅軍を壊滅させたのは5月7日のことである。東国においても5月8日に新田義貞(よしさだ)が挙兵し、長駆して鎌倉を攻略して、22日には鎌倉幕府を倒壊させた。[佐藤和彦]

新政の開始と諸機構

1333年6月、天皇は京都に帰り、旧領回復令を発して、戦乱のなかで失われた所領を旧所有者に返し、討幕の功労者への除目(じもく)を行った。天皇は延喜(えんぎ)・天暦(てんりゃく)の世、すなわち醍醐・村上(むらかみ)両天皇の治世を理想の時代として追慕し、「朕(ちん)ノ新儀(しんぎ)ハ、未来ノ先例タルヘシ」との自負のもと専制的な政治を開始した。いわゆる「建武中興」である。天皇はその絶対的な権威を示すために、土地の領有はすべて綸旨によってのみ確認され安堵(あんど)されるものであるという個別安堵法を公布した。しかし、この法令は、土地領有に関する前代以来の慣習を根底からくつがえすものであったから、諸国武士の反発を招き、所領安堵を求める武士たちが続々と上洛(じょうらく)して、京都は大混乱に陥った。天皇も当法の適用を北条(ほうじょう)氏関係の所領に限定せざるをえず、現に知行している所領の安堵については、諸国の国司(こくし)によって行うという諸国平均安堵法へと変更した。
 建武新政府の諸機関としては、所領安堵に関する訴訟を取り扱う記録所、諸合戦の論功行賞を行った恩賞方、悪党の跳梁(ちょうりょう)や農民闘争の激化によって荘園(しょうえん)領主と地頭(じとう)武士との間で頻発していた所務相論、年貢未納などに関する訴訟を扱う新設の雑訴決断所(ざっそけつだんしょ)、皇居の警衛や京都の警備にあたった武者所(むしゃどころ)などが中央に設置された。なかでも所領問題の絡む雑訴決断所が重要であり、1333年9月の初旬に設置されたときには4番編成であったが、訴訟の増加につれて8番編成へと変更された。それでも激増する事務を処理するには職員は不足がちで、「器用ノ堪否(かんぷ)沙汰(さた)モナク、モルル人ナキ決断所」(「二条河原落書」)と嘲笑(ちょうしょう)されたように、訴訟事務の遅滞をどうすることもできなかった。
 地方行政機関としては、国衙(こくが)と守護所(しゅごしょ)が置かれ、各地域の治安維持にあたった。奥州と関東にはそれぞれ将軍府が置かれた。33年10月には陸奥守(むつのかみ)北畠顕家(あきいえ)が義良親王を奉じて多賀城(たがじょう)(宮城県多賀城市)へと下向し、12月には足利直義(ただよし)が成良親王を奉じて鎌倉へと下っている。翌年正月、奥州将軍府には、式評定衆(しきひょうじょうしゅう)、引付(ひきつけ)、政所(まんどころ)、侍所(さむらいどころ)、寺社奉行(ぶぎょう)、安堵奉行が設置され、鎌倉将軍府には、関東10か国の管轄を目的とする関東厩番(うまやばん)が置かれた。[佐藤和彦]

施策の矛盾と政権の崩壊

両将軍府の設置は、建武新政府の成立直後から始まっていた後醍醐天皇と足利尊氏との確執の所産であった。尊氏は武蔵守(むさしのかみ)に任命されたものの、建武政府のどの部局にも属さず、討幕の成功時に開設した奉行所において全国各地の武士たちを糾合しつつあり、両者の対立はしだいに顕在化していった。1334年1月29日、天皇は年号を建武と改元し、天皇の絶対性を誇示するために大内裏(だいだいり)の造営を発表し、貨幣鋳造(乾坤通宝(けんこんつうほう))、紙幣発行などを計画した。さらに諸国一宮、二宮の本家職(ほんけしき)・領家職(りょうけしき)を停廃して天皇の直接支配下に入れ、諸国の関所を停止し、同5月には徳政令(とくせいれい)を発布したが十分な効果はあがらなかった。恩賞の不公平さに対する人々の不満、大内裏造営の費用を賦課された武士、さらにその負担を転嫁された地方農民の建武政府に対する反発がしだいに高まり、政権の内部矛盾も露呈しつつあった。この年の5月から8月にかけての若狭国(わかさのくに)太良荘(たらのしょう)の農民訴状や、8月の二条河原落書などは、全国各地の民衆の建武新政に対する批判の声であった。建武政権下の揺れ動く世相を冷徹な目でとらえた「二条河原落書」には、新政府になっても社会治安がすこしも回復しないこと、中央機関の人材不足、下剋上(げこくじょう)と自由狼藉(ろうぜき)のありさまが如実に描写され、建武政権の崩壊を予告すらしている。同年10月、尊氏と対立していた護良親王が宮中で捕縛され、12月には鎌倉に幽閉された。翌35年6月、権大納言西園寺公宗(さいおんじきんむね)らの天皇暗殺計画が露見し、7月には先の執権北条高時(たかとき)の遺子時行(ときゆき)が諏訪頼重(すわよりしげ)らに擁立されて信濃で蜂起(ほうき)し、鎌倉を攻撃して足利直義軍を破った(中先代(なかせんだい)の乱)。8月、尊氏は直義救援のために東下し、時行軍を敗退させ鎌倉を奪回した。天皇は帰京を命令したが、尊氏はこれを無視し、11月には新田義貞誅伐(ちゅうばつ)を名目に、建武政権へ反旗を翻した。新田軍を箱根竹の下で破った足利軍は、36年(延元1・建武3)正月に入京したが、京中合戦で敗れて西走し九州へ逃れた。この途中、播磨室津(むろつ)(兵庫県たつの市)の軍議で一族および有力武将を四国・中国の各地に配置することを決定し、備後鞆津(びんごとものつ)(広島県福山市)で持明院統の光厳(こうごん)上皇の院宣(いんぜん)を得て、朝敵の汚名を逃れることに成功した。3月九州多々良浜(たたらはま)(福岡市東区)の合戦で勝利した足利軍は、山陽道と瀬戸内海を東上し、5月、湊川(みなとがわ)(兵庫県神戸市)の合戦で正成を討ち死にさせ再度入京した。天皇は叡山へと逃れたが尊氏の強請により京都へ帰り、10月光明(こうみょう)天皇へ神器を渡した。12月、天皇は吉野へ潜幸して南朝を樹立したが、政治的退勢を挽回(ばんかい)することはもはや不可能であった。[佐藤和彦]
『田中義成著『南北朝時代史』(1922・明治書院) ▽佐藤進一著『南北朝の動乱』(1965・中央公論社) ▽永原慶二著『中世内乱期の社会と民衆』(1977・吉川弘文館) ▽佐藤和彦著『南北朝内乱史論』(1979・東京大学出版会) ▽森茂暁著『建武政権』(教育社歴史新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

建武新政の関連キーワード延喜・天暦の治建武年中行事建武年間記名和[町]今出川兼季神皇正統記光明寺残篇西園寺公重清拙正澄五条頼元土岐頼貞楠木正季護良親王脇屋義助細川顕氏成良親王京都五山四条隆資恒良親王姉小路氏

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建武新政の関連情報