コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守邦親王 もりくにしんのう

5件 の用語解説(守邦親王の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

守邦親王
もりくにしんのう

[生]正安3(1301).京都
[没]元弘3=正慶2(1333).8.16. 京都
鎌倉幕府第9代将軍 (在職 1308~33) 。後深草天皇の孫。将軍久明親王の子。母は惟康親王の娘。延慶1 (08) 年征夷大将軍となり,次いで親王宣下,文保1 (17) 年二品に進んだ。元弘3=正慶2 (33) 年鎌倉幕府の滅亡とともに将軍職を退き,出家した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もりくに‐しんのう〔‐シンワウ〕【守邦親王】

[1301~1333]鎌倉幕府第9代将軍。在職1308~1333。第8代将軍久明親王の子。鎌倉幕府の滅亡とともに退任し、出家。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

守邦親王 もりくにしんのう

1301-1333 鎌倉幕府9代将軍。在職1308-33。
正安(しょうあん)3年5月12日生まれ。久明(ひさあきら)親王の子。母は惟康(これやす)親王の娘。徳治(とくじ)3年父にかわり8歳で将軍にたてられ,同年親王となる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年5月北条氏の滅亡で出家。鎌倉幕府最後の将軍となった。同年8月16日死去。33歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

守邦親王

没年:正慶2/元弘3.8.16(1333.9.25)
生年:正安3(1301)
鎌倉幕府9代,最後の将軍。8代将軍久明親王と7代将軍惟康親王の娘の子。延慶1(1308)年8月わずか8歳で征夷大将軍に任じ,9月親王宣下を受け三品に叙せられた。将軍とはいっても幕府の実権は北条氏の手中にあったから,名目的な存在にすぎなかった。文保1(1317)年4月二品となったが,元弘3(1333)年5月,幕府滅亡にともない将軍職を辞して出家し,同年鎌倉で死去した。

(新田英治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

守邦親王
もりくにしんのう
(1301―1333)

鎌倉幕府第9代将軍。後深草(ごふかくさ)天皇の孫。父は第8代将軍久明(ひさあき)親王。母は第7代将軍惟康(これやす)親王の女(むすめ)。1308年(徳治3)8月幕府の意向で父にかわり将軍にたてられ、9月19日親王となり、三品(さんぼん)に叙せられた。17年(文保1)4月19日内裏(だいり)新造の賞により二品にあがる。33年(元弘3)5月22日幕府の滅亡に伴い出家し、8月16日没した。鎌倉幕府最後の将軍とはいえ、その実は北条氏の傀儡(かいらい)にすぎなかった。[近藤成一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

守邦親王の関連キーワード北条顕時アナーニ事件倪瓚新田義貞ハイドゥ後伏見天皇帝王編年記プリンス・オブ・ウェールズ赤橋久時阿野廉子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone