北氷洋(読み)ホッピョウヨウ

世界大百科事典内の北氷洋の言及

【北極海】より

…北極点を中心に展開する海域で,北氷洋や北極洋とも呼ばれ,大洋としては最小。中心部に面積約530万km2の北極海盆があり,その南限はユーラシアと北アメリカ,グリーンランドの北岸または最北の諸島のほぼ北岸を連ねる線で囲まれる(国際水路局の定義)。…

※「北氷洋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android