コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北海三嶮 ほっかいさんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海三嶮
ほっかいさんけん

北海道南部の海岸にあるかつての三大難所。渡島半島基部の日本海岸にある雷電山 (1212m) 西麓の雷電山道,内浦湾北岸にある礼文華 (れぶんげ) 山道,襟裳岬付近の猿留 (さるる) 山道の3つで,いずれも山地が海に迫り急崖を形成している。江戸時代から交通の難所として知られ,北海道開拓の妨げとなっていた。現在は道路が整備され,雷電山道に国道 229号線,礼文華山道に国道 37号線,猿留山道に平行して国道 236号線がそれぞれ通っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android