コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北町奉行所 きたまちぶぎょうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北町奉行所
きたまちぶぎょうしょ

江戸時代,江戸の町奉行所の一つ。2人の奉行が老中の支配に属し,月番制により南町奉行所と交代で江戸の行政,警察,司法を司った。慶長6 (1601) 年初めて呉服橋門内に設置され,その後数回江戸市中を移転したが,文化3 (1806) 年もとの場所に移って幕末にいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

北町奉行所の関連キーワード杵屋六左衛門(11代)市川団十郎(8代)八丁堀の七人江戸時代三奉行番所捕縄敵番

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北町奉行所の関連情報