コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北白川宮能久親王 きたしらかわのみや よしひさしんのう

美術人名辞典の解説

北白川宮能久親王

幕末・明治の皇族・軍人。伏見宮邦家親王の子。幼名は満宮。親王宣下し、輸王寺門主となる。伏見家に復帰後、ドイツに留学し北白川宮を相続。近衛師団長となり、台湾征討軍の指揮にあたった。明治28年(1895)薨去、49才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北白川宮能久親王 きたしらかわのみや-よしひさしんのう

1847-1895 幕末-明治時代の皇族,軍人。
弘化(こうか)4年2月16日生まれ。邦家親王の王子。安政5年親王となり,得度して公現と称し,慶応3年輪王寺門跡(もんぜき)をつぐ。戊辰(ぼしん)戦争の際,奥羽越列藩同盟についたため謹慎処分。のち軍事研究のためドイツに留学。明治5年北白川宮を相続。28年近衛(このえ)師団長となり,台湾支配の指揮にあたり,同地で10月28日病没。49歳。没後,陸軍大将。幼称は満宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

北白川宮能久親王の関連キーワード北白川宮 成久北白川宮 富子石川 理紀之助竹田宮 恒久北白川宮富子公現入道親王新海竹太郎二荒 芳徳竹田宮昌子保科 武子昌子内親王明治時代奥野昌綱台湾神宮能久親王松野 礀竹田宮弘化