コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邦家親王 くにいえしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

邦家親王 くにいえしんのう

1802-1872 江戸後期-明治時代,貞敬(さだよし)親王の第1王子。
享和2年10月24日生まれ。伏見宮家19代。文化14年光格天皇の猶子となり,親王天保(てんぽう)13年出家,元治(げんじ)元年還俗(げんぞく)して宮家を再相続。明治元年明治天皇の元服に際して冠親をつとめ,一品(いっぽん)をさずけられた。明治5年8月5日死去。71歳。幼称は睦宮(まさのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

邦家親王 (くにいえしんのう)

生年月日:1802年10月24日
江戸時代;明治時代の皇族。伏見宮貞敬親王の第一王子
1872年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

邦家親王の関連キーワード東伏見宮依仁親王北白川宮能久親王聖護院宮嘉言親王小松宮彰仁親王閑院宮載仁親王久邇宮・久迩宮久邇宮朝彦親王東伏見宮 依仁伏見宮貞敬親王中川宮朝彦親王華頂宮博経親王伏見宮貞愛親王伏見宮文秀尼譲仁入道親王山階宮晃親王伏見貞教親王久我誓園尼村雲日栄尼村雲 日栄清棲 家教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android