コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北陸宮 ほくりくのみや

2件 の用語解説(北陸宮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北陸宮 ほくりくのみや

1165-1230 平安後期-鎌倉時代,後白河天皇の孫。
永万元年生まれ。以仁(もちひと)王の第1王子。以仁王が平氏追討の戦いに敗れ討ち死にすると,剃髪(ていはつ)して北陸へのがれる。のち源義仲(よしなか)に保護されて還俗(げんぞく)。寿永2年義仲は宮を皇位につけようとしたが失敗した。木曾宮,還俗宮ともいう。寛喜(かんぎ)2年7月8日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

北陸宮

没年:寛喜2.7.8(1230.8.17)
生年:永万1(1165)
平安末・鎌倉時代前期の皇族。以仁王の子。木曾の宮。還俗の宮ともいわれる。治承3(1179)年以仁王の平家打倒計画が発覚し,剃髪して寿永1(1182)年北陸に逃げる。翌年平家一門の都落ち後,源義仲は皇位継承候補者に宮を推挙し,祖父後白河法皇に招かれる。即位はならなかったが,文治1(1185)年11月に源頼朝の計らいにより上洛する。このときにはすでに還俗,元服をしていた。建久・正治ころ(1190年代)に源姓を望むが許されず,老後は嵯峨に住む。藤原宗家の娘を妻とし,土御門上皇の皇女を養育する。前半生では常に出自の信憑性に疑いを持たれ,のちには遁世者の如く生涯を送った。<参考文献>村上学「傍系人物三人」(『説話論集』二)

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北陸宮の関連キーワード平氏以仁王仁王力有栖川宮栽仁王平潔行平実世平安典平好風長谷部信連彦仁王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone