コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六条天皇 ろくじょうてんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六条天皇
ろくじょうてんのう

[生]長寛2(1164).11.14. 京都
[没]安元2(1176).7.17. 京都
第 79代の天皇 (在位 1165~68) 。二条天皇の第2皇子。母は大蔵大輔致遠の娘伊岐氏。名,順仁 (のぶひと) 。永万1 (65) 年受禅,同年7月即位したが,祖父後白河上皇院政を行なった。在位3年にして高倉天皇に譲位し,元服以前に太上天皇尊号を受けた。陵墓は京都市東山区の清閑寺陵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろくじょう‐てんのう〔ロクデウテンワウ〕【六条天皇】

[1164~1176]第79代天皇。在位1165~1168。二条天皇の皇子。名は順仁(のぶひと)。後白河上皇の院政がしかれていたが、退位して元服以前に太上天皇となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六条天皇 ろくじょうてんのう

1164-1176 平安時代後期,第79代天皇。在位1165-68。
長寛2年11月14日生まれ。二条天皇の皇子。母は伊岐致遠(いきの-むねとお)の娘。父の病気で2歳で即位。後白河上皇が院政をおこない,平清盛が太政大臣となる。仁安(にんあん)3年5歳で高倉天皇に譲位。元服以前に太上天皇を称したのは初めて。安元2年7月17日死去。13歳。墓所は清閑寺陵(せいかんじのみささぎ)(京都市東山区)。(いみな)は順仁(のぶひと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

六条天皇

没年:安元2.7.17(1176.8.23)
生年:長寛2.11.14(1164.12.28)
平安後期の天皇。諱は順仁。二条天皇と壱岐致遠の娘の皇子。後白河・二条父子の政争の中で,父の病により永万1(1165)年2歳で即位。仁安3(1168)年5歳で叔父高倉天皇に譲位し,元服以前に太政天皇になる。

(櫻井陽子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ろくじょうてんのう【六条天皇】

1164~1176) 第七九代天皇(在位1165~1168)。名は順仁のぶひと。二条天皇の第二皇子。二歳で即位、在位3年で退位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六条天皇
ろくじょうてんのう
(1164―1176)

平安後期の天皇(在位1165~68)。名は順仁(のぶひと)。二条(にじょう)天皇の第二皇子、母は伊岐(いき)氏の娘。父二条から1165年(永万1)2歳のときに譲られて即位。在位中は後白河(ごしらかわ)上皇が院政を行っていた。後白河は、病床にあった平清盛(きよもり)が死んだときに天皇支持派の勢力が策動することを恐れ、68年(仁安3)六条の位を奪い、自分の皇子憲仁(のりひと)親王(高倉(たかくら)天皇)を即位させ、六条を太上(だいじょう)天皇とした。安元(あんげん)2年7月17日死去。墓は京都市東山区清閑寺歌(せいかんじうた)ノ中山(なかやま)町の後清閑寺陵。[川島茂裕]
『安田元久著『日本の歴史7 院政と平氏』(1974・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

六条天皇 (ろくじょうてんのう)

生年月日:1164年11月14日
平安時代後期の第79代の天皇
1176年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

六条天皇の関連キーワード日本国憲法伊岐致遠女休子内親王藤原基実藤原育子藤原邦子藤原伊行生年月日藤原邦綱没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android