北 龍二(読み)キタ リュウジ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

北 龍二
キタ リュウジ


職業
俳優

本名
山田 東吾

生年月日
明治38年 1月1日

出生地
東京市 京橋区(東京都)

学歴
早稲田大学文学部中退

経歴
松竹大船撮影所脚本部などを経て、昭和12年日活多摩川に俳優として入社。同年「限りなき前進」に専務役でデビューし注目を浴びる。「軍国の花嫁」「敵前渡河噫!友田伍長」「アパート交響楽」で主役を務めた他、「悦ちゃん万才」「風の又三郎」など多くの映画に助演。17年統合により大映東京に移り、戦後も多くの映画に出演。23年フリー、25年から松竹大船に所属し、重厚な感じの柄を生かして父親、校長、重役などの役で活躍。そのタイプをかわれて小津安二郎監督に起用され、「彼岸花」「秋日和」「秋刀魚の味」などに出演した。35年フリーとなり、40年からは東宝、日活にも進出、戦後だけでも出演作品数は286本にものぼる。

没年月日
昭和47年 4月16日 (1972年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android