コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼岸花 ヒガンバナ

2件 の用語解説(彼岸花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがん‐ばな【彼岸花】

ヒガンバナ科の多年草。土手や田の畦に生える。秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花茎を伸ばし、長い雄しべ雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。花の後、線形の葉が出て越冬する。有毒植物だが、鱗茎(りんけい)を外用薬とする。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。死人花(しびとばな)。捨て子花。石蒜(せきさん)。天蓋花(てんがいばな)。天涯花。幽霊花。かみそりばな。 秋》
[補説]ヒガンバナ科の単子葉植物は約1100種が主に熱帯・亜熱帯に分布する。多年草で、鱗茎をもち、葉は根生し線形。花被は6枚あり、子房下位。ヒガンバナスイセンアマリリスなどが含まれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひがんばな【彼岸花】

ヒガンバナ科の多年草。田の縁ふちや川岸に群生。秋の彼岸の頃、高さ約30~50センチメートルの花茎の頂に赤色の花を一〇個内外つける。花被片は六個で強くそり返り、雄しべは長く目立つ。花後、線状の葉が出、翌春枯れる。有毒植物だが鱗茎りんけいは民間薬として肩こり・むくみに用いる。曼珠沙華まんじゆしやげ・まんじゆさげ。死人しびと花。捨て子花。葉見ず花見ず。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

彼岸花の関連キーワードヒガンバナ(彼岸花)赤花黄水仙狐の剃刀君子蘭月下香サフラン擬鍾馗蘭塔花キツネノカミソリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彼岸花の関連情報