コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼岸花 ヒガンバナ

2件 の用語解説(彼岸花の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひがん‐ばな【彼岸花】

ヒガンバナ科の多年草。土手や田の畦に生える。秋の彼岸のころ、高さ約30センチの花茎を伸ばし、長い雄しべ雌しべをもつ赤い6弁花を数個輪状につける。花の後、線形の葉が出て越冬する。有毒植物だが、鱗茎(りんけい)を外用薬とする。曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。死人花(しびとばな)。捨て子花。石蒜(せきさん)。天蓋花(てんがいばな)。天涯花。幽霊花。かみそりばな。 秋》
[補説]ヒガンバナ科の単子葉植物は約1100種が主に熱帯・亜熱帯に分布する。多年草で、鱗茎をもち、葉は根生し線形。花被は6枚あり、子房下位。ヒガンバナスイセンアマリリスなどが含まれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがんばな【彼岸花】

ヒガンバナ科の多年草。田の縁ふちや川岸に群生。秋の彼岸の頃、高さ約30~50センチメートルの花茎の頂に赤色の花を一〇個内外つける。花被片は六個で強くそり返り、雄しべは長く目立つ。花後、線状の葉が出、翌春枯れる。有毒植物だが鱗茎りんけいは民間薬として肩こり・むくみに用いる。曼珠沙華まんじゆしやげ・まんじゆさげ。死人しびと花。捨て子花。葉見ず花見ず。 [季] 秋。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

彼岸花の関連情報